千葉市がドローン宅配実用化特区指定 アマゾンがドローン宅配参入

先日アマゾンの1時間で届くサービスを紹介しましたが、実際に千葉市でドローン宅配を開始することになったようです。
まずは医療用医薬品や生活必需品からスタートだそうです。
ドローン宅配をアマゾンが先駆け1時間で届くサービスが本格化していきます。
日本は国土が狭いので、ビルも上に伸びています。住宅も同じで高層化が進んでいる中、どこまでドローンで運ぶのでしょうか?
緯度経度の他に高度が必要になり、日本における準天頂衛星打ち上げ後の稼動でなければ正確な場所や高度を測定できないのでは?
やはり特定された場所や条件になるのでしょうか?

政府は14日、地域限定で規制を緩和する国家戦略特区に千葉市を指定し、小型無人機「ドローン」を活用して医療用医薬品(処方薬)や生活必需品を宅配できるようにする方針を固めた。ネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムが参入する見通しで、実現すれば世界初の実用化となる可能性がある。

15日に開く国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で千葉市など4自治体の特区指定を新たに決める。
続きはこちら・・・

記事参照:日経新聞電子版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 日本に上陸したマーケティングオートメーションサービス「マルケト」のマーケットプレイス「Marketo…
  2. Amazonは「re:Invent 2015」で、新サービス「QuickSight」を発表した。…
  3. 株式会社カタリナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山岸 辰雄)は、アドビ システムズ株式会社(…
PAGE TOP