人工知能はビジネスを大きく変える–ワークスアプリケーションズ、SaaS型ERP「HUE」をリリース

記事転載:ZDNet Japan

ワークスアプリケーションズは12月10日、SaaS型統合基幹業務システム(ERP)「HUE(High Usability Enterprise)」をリリース、会見を開催した。HUEについて同社は“人工知能型ERP”と表現している。

WORKS

代表取締役で最高経営責任者(CEO)の牧野正幸氏は、「完全に分業化している企業は違うかもしれないが、経営層の仕事でもスプレッドシートに入力し、分析といった、経営判断とは異なる業務はたくさん残っている。こうした業務が人工知能によって自動化されれば、仕事の50%は省力化されるのではないか」とERPに人工知能を組み込むことで、業務効率が大幅に改善されると説明した。

今回の正式リリース前のプレオーダー段階で、新規顧客100社、既存製品である「COMPANY」導入企業1100社のうち100社が導入意向を表明しており、「6月末までに100社に導入される見込み」だという。

会見では、特別イベントとして、Google内部の研究組織である「Google X」の初代責任者で現在はUdacity共同創業者兼CEOのSebastian Thrun氏を招き、牧野氏とのミニ対談を開催した。Thrun氏は、「人工知能を実ビジネスに取り入れることで、ビジネスは大きく変革する。これは昔、農業、製造業が機械の発明によって大きく変わった現象と同じ。日本のオフィスワーカーの生産性を大きく上げ、私たちの働き方が大きく変わる」と人工知能を業務に活用する意義をアピールした。

続きはこちら・・・

記事転載:ZDNet Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 一つの例をあげます。マーケティングオートメーションで言えば最も重要なスコアリングルールのチューニ…
  2. 日本企業のデジタルマーケティングに対する取り組みが本格化している。 IDC Japanの調査によると…
  3. 2015年10月1日にテラスカイ社とサービスマックス社が日本市場における業務提携が発表されました。…
PAGE TOP