国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測

IDC Japanは、国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測を発表しました。

本調査レポートでは国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場をプライベートクラウド向け、パブリッククラウド向けに分類し、2012年~2014年の市場規模を算出し、2015年~2019年の市場予測を行っている。また、ベンダー別シェアとベンダー動向についても分析を行っている。

「今後ハイブリッド化するクラウド環境に対して、いかに付加価値を高めたクラウドインフラストラクチャソフトウェアを提供できるかが重要になる。そしてハイブリッドクラウド時代に主導権を握るためにもOpenStackのようなオープンなテクノロジーと大きなエコシステムを活用し、複数のクラウドを連携させたハイブリッドクラウドソリューションの市場投入を急ぐべきである」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである入谷 光浩は分析している。

プレスリリース:IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 株式会社シャノン(代表取締役:中村健一郎/本社:東京都港区、以下、シャノン)は、現在国内マーケティン…
  2. オラクルは、2012年12月にEloquaを買収し、2013年12月には立て続けにResponsys…
  3. 先日の「SFAの導入で何故失敗するのか?」を書きました。では実際にSFA導入し成功している企業は…
PAGE TOP