eコマースのためのメールマーケティング自動化ツールBluecoreがシリーズBで$21Mを調達

記事転載:Techcrunch

eコマースのためにデータに基づくマーケティングサービスを提供するBluecoreが今日(米国時間12/2)、シリーズBで2100万ドルを調 達したことを発表した。ラウンドをリードしたのはGeorgian Partners、これに既存の投資家FirstMark CapitalやFelicis Venturesなどが参加した。

bluecore-logo

eコマースのサイトは、適切なタイミングで適切な消費者にメールによる案内を送って、より高いコンバージョンレートを確保したい、と考える。Bluecoreは、データに基づいてメールの送り先や送る時期の決定を自動化する。

データといっても、これまでのマーケターたちは、たとえばショッピングカートに入れたけれども結局買わなかったものに基づいてリコメンデーションを 決めたりしてきた。Bluecoreを利用するとマーケターは、特定の品物を見たユーザに、それの値下げや新規入荷の情報を自動的にメールできる。

マーケターがBluecoreを利用するにあたってやることは、Webサイトのコードに一行追加して、さらに、どんなメールをどんなとき誰に送る、 という“レシピ”を指定するだけだ。そのあとのことはいっさい、Bluecoreが自動的にやる。マーケターはシステムの稼働時にでも、バックエンドに対 し変更を指示できる。

Bluecoreは創業からまだ2年足らずだが、すでに150あまりのWebサイト上の180のeコマースブランドに利用されている。

同社は今回の資金で機能をより豊富にし、チームを増員したい、と考えている。同社がこれまでに調達した資金の総額は、2820万ドルに達する。

BluecoreのWebサイト

記事転載:Techcrunch

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 前回の株式会社ディテイルクラウドクリエイティブ(DCC)のインタビューの続きを紹介します。では前…
  2. 一つの例をあげます。マーケティングオートメーションで言えば最も重要なスコアリングルールのチューニ…
  3. マーケティングオートメーションとは「リードを最適なタイミングで抽出し、次のアクションを実施する仕組み…
PAGE TOP