日本オプロ、SaaSからPCを介さず直接プリンターに印刷するクラウドサービスを開発

記事転載:IT Pro

日本オプロは2015年12月3日、Salesforce.comやOffice365などのSaaSアプリケーションから直接プリンターに印刷できるようにするシステムを開発したと発表した()。 手元にパソコンがなくても、SaaSにアクセスできるモバイル端末さえあれば帳票を印刷できるようになる。同社がクラウド型で運営しているシステム間連携 サービス「OPROARTS D3Worker」と、NECの印刷管理サーバーソフト「WebSAM PrintCenter V」を組み合わせて実現した。具体的なリリース時期は未定だが、すでにデモンストレーション環境を構築済み。

印刷管理ソフトのWebSAM PrintCenter Vを導入したサーバーがクラウド上で動作する(日本オプロが運営するかどうかは未定)。これとOPROARTS D3Workerを連携させることによって、Salesforce.comなどのSaaSアプリケーションが出力した印刷データをWebSAM PrintCenter Vに引き渡す。WebSAM PrintCenter Vは、ユーザー企業に設置した専用のルーター機器を介して、企業内のプリンターから帳票を印刷する。

続きはこちら・・・

記事転載:IT Pro

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 2014年2月22日の「Marketing Automation Market Share」と言う記…
  2. 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、企業のデジタルマーケティングを総合的に支援する…
  3. 政府は2017年1月から企業版のマイナンバーを活用し、登記事項証明書などの企業情報をネットで一括で入…
PAGE TOP