デジタルマーケティングのコンサル現場から まずは「データ・ドリブン」の食わず嫌いを捨ててみる

記事転載:ダイヤモンドオンライン

2014年は、“デジタルマーケティング(DM)元年”といわれた。しかし、DMの神髄がどこにあるかについては、十分に共有されていない。システム設計者としてDMの先端的な実践に関わってきた経験から、企業におけるDMの狙いと推進体制についての考えを述べる。

ADO

デジタルマーケティング(DM)についてのさまざまな取り組みを支援させていただいているが、日本企業におけるDMの重要性に対する認識は、世界 でも特異な状態にあると申し上げてよい。DMに関心が高いか低いかのレベルを問う前に、DMを認識しているかしていないか、ゼロか1かという状態にある。 DMを認識している企業は、自社への効果を厳密に検証したり改善を重ねている。一方、認識していない企業の取り組みはまさにゼロである。

情報システムやマーケティングなどの現場担当者から相談があると、まず経営管理層に時間をいただいてDMの現状を説明するところから始めている。 DMは、一口で言えば、自社のホームページ(HP)などを活用して販売増につなげたり、お客さまの本音、ニーズ、評価、期待などを探ろうとするものだ。 HPが単なる企業紹介の「Webサイト」に留まっているケースはまだ多いし、自社HPで販促活動を行っている企業でも、「販売チャネルが1つ増えた」ぐら いの認識に留まっているケースが多い。

しかしITの進化によって現在は、「一貫してお客さまの動向をとらえ、企業とのコミュニケーションを充実させるようにしよう」という領域に入っている。これがDMといわれるものだが、そこまで踏み込めている企業は実に少ない。

続きはこちら・・・

記事転載:ダイヤモンドオンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 見込み顧客育成の為にサービス導入を検討し、顧客育成の自動化を狙う為にマーケティングオートメーションを…
  2. Microsoftの「Dynamics CRM」事業を率いてきたBob Stutz氏が退社し、Sal…
  3. 記事転載:IT Pro日本オプロは2015年12月3日、Salesforce.comやOff…
PAGE TOP