マーケティングオートメーションとは何か、 何を自動化するのか?

マーケティングオートメーションとは「リードを最適なタイミングで抽出し、次のアクションを実施する仕組み」のことです。概念自体はそれほど新しいものではなく、リードマネジメントやリードナーチャリングなどの取り組みをマーケティング的にまとめたものです。

では、マーケティングオートメーションで何ができるのでしょうか。

大まかな流れを説明すると、
・シナリオに基づいたマーケティングキャンペーンが実施管理できる
・キャンペーンを行った結果、リードと、リードに紐づいた行動データが自動で蓄積される
・蓄積された行動履歴によってターゲティングが実施でき、次のアクションに誘導できる
・シナリオ実行の結果が把握でき、シナリオや施策の調整に役立てることができる
・複数のKPIが取得でき、数値に基づいたPDCAサイクルが構築できる
となります。

これらのことから、結果としてマーケティング活動全体の最適化、ROI向上が実現できると期待されています。

では次に、リードを最適なタイミングで抽出し、次のアクションを実施するために、マーケティングオートメーションは何を自動化するのか、詳しく見ていきましょう。
その点を確認することで、マーケティングオートメーションで何ができるのか、よりイメージしやすいと思います。

続きはこちら

記事転載:LISKUL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. マーケティングオートメーションを導入する際に数々の課題に直面します。導入前と導入後。その課題のポ…
  2. 日本ユニシスが11月6日に発表した2015年度上期(4~9月)連結業績は、売上高が前年同期比5.3%…
  3. シンフォニーマーケティングの庭山社長が寄稿した、BtoBのためのマーケティングオートメーション正しい…
PAGE TOP