マイクロソフトの「Dynamics CRM」担当幹部Bob Stutz氏が、セールスフォースに移籍へ

Microsoftの「Dynamics CRM」事業を率いてきたBob Stutz氏が退社し、Salesforce.comの最高アナリティクス責任者(Chief Analytics Officer)に就任する。

FgHiVJdw

Stutz氏は2012年4月にMicrosoftに入社し、数々の買収を手掛けてDynamics事業を築いてきた。また、同製品のクラウド、オンプレミスでの戦略や技術の方向性も導いてきた。

Salesforceでは製品担当プレジデントAlex Dayon氏のもとで、アナリティクス事業を統括する。

「Analytics Cloud」がSalesforceの成長の鍵を握ると目される中、SalesforceがStutz氏の採用によって得られるものは大きい。言うまでも なく、Stutz氏は主力の競合企業からからの転職であり、他のエンタープライズ企業との交友も広く、大企業の中で事業を組み立てた実績も積んでいる。

記事転載:ZDNet Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ICT省電子取引開発機構(ETDA)は、今年のEコマース市場規模が前年比3.65%増の2兆1077億…
  2. 2015年の国内中堅・中小市場における「CRM」の利用実態およびユーザ評価に関する調査を実施し、その…
  3. 電通イーマーケティングワンは、2014年3月にサンブリッジと共に日本法人立ち上げの為に出資し、米マー…
PAGE TOP