ユニシス上期、製品とサービス好調で増収増益を発表。クラウドへの取り組みについては、それほど伸びていないというのが実態である。

日本ユニシスが11月6日に発表した2015年度上期(4~9月)連結業績は、売上高が前年同期比5.3%減の1283億円、営業利益は同27.6%増の42億円、経常利益は同6.9%増の37億円、当期純利益は同27.2%増の24億円となった。

同社は、2015年度を初年度とする3カ年の中期経営計画をスタートさせており、代表取締役社長の黒川茂氏は、「製品販売、システムサービスが好調であ り、人件費などの販管費の削減効果もあり、増収増益。売上高、利益ともに計画を上回った。中期経営計画の初年度としては、順調に推移している」とコメント した。

「電力小売全面自由化やマイナンバー制度の導入、東京五輪に向けた動きもあり、下期も堅調な状況が続くと見込んでいる。2015年度は、業績達成と新たなビジネス創出のための下地づくりという意味では、重要な1年になる」(黒川氏)

代表取締役常務執行役員の向井俊雄氏は、「受注については、金融、電力・サービスなどが好調。受注残高はアウトソーシングの受注増加がある」と説明した。

151106_unisys_3 セグメント別業績では、サービスの売上高は前年同期比2.0%増の903億円、売上総利益が同2.9%減の230億円。そのうち、システムサービスの売 上高が前年同期比3.3%増の396億円、売上総利益が同3.4%減の102億円。サポートサービスの売上高が同0.1%減の270億円、売上総利益が同 10.6%減の74億円。アウトソーシングの売上高が同2.6%増の194億円、売上総利益が同13.6%増の41億円。その他サービスの売上高が同 0.3%増の41億円、売上総利益が同4.4%増の11億円となった。

「システムサービスは、金融機関向けが好調であるが、第1四半期の開発投資があり減益となった」という。
続きはこちら!

記事転載:ZDnet

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. NetSuiteとJuniper Networks、Qlik、Marketoの各社は米国時間10月2…
  2. 記事転載:IT Pro日本オプロは2015年12月3日、Salesforce.comやOff…
  3. アマゾンは、本日11月19日よりAmazonプライム会員向けの新サービス「Prime Now」を開始…
PAGE TOP