フィールドサービス向け「サービスマックス」日本上陸

2015年10月1日にテラスカイ社とサービスマックス社が日本市場における業務提携が発表されました。
また2015年10月7日に米国同様セールスフォースのプラットフォーム上で提供されるサービスマック日本国内販売開始される。
以前記事にも書きましたが、マイクロソフトフィールドサービス市場への参入を狙い、ニュージャージー州に拠点を構えるFieldOne買収しました。
フィールドセールス市場グローバルで180億ドル以上あるが、ソフトウェア企業の注目度は薄い
逆を返せば日本においては参入障壁が低く、これから非常に注目度が集まり熱い市場とも伺える。
これは弊社においてもうなずける内容です。「フィールドナーチャリング」という新しい概念を打ち出しているGPS位置情報を活用したGEOCRM.com同じ境遇にあると思う。考え方的にマーケティングオートメーションとは対比的なポジション顧客との関係を維持していく考えで、メインテナンス業務などで、富士通フィールドサービス向けにARを活用したミドルウエアとも考え方が類似する。
サービスマックス社は米国では直販100%だったようだ。フィールドサービスエンジニアグローバルで2000万人いると言われており、この2000万人がターゲットだと言う。
参考記事:マイナビ
93218075022bb554db8f1f4569de2d11_s
身近なところで想像すると、エレベータエスカレータのメインテナンスエンジニア。コピー機など複合機のメインテナンスエンジニア。医療機器飲食店調理機器切符の自動販売機ドリンクの自動販売機なども考えられる。
日本における商習慣に合わせてローカライズを行うと言うこと。
フィールドサービスエンジニアに特化したサービスと言うことで、是非弊社GEOCRM富士通のミドルウエアであるARエンジンを組み合わせたサービスが面白いと感じたリリースでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 記事転載:ダイヤモンドオンライン2014年は、“デジタルマーケティング(DM)元年”といわれ…
  2. 前回の株式会社ディテイルクラウドクリエイティブ(DCC)のインタビューの続きを紹介します。では前…
  3. マイクロソフトは、ニュージャージー州に拠点を構えるFieldOneを買収しました。ルートセールス…
PAGE TOP